先日、LIXILのショールームに行ってきました。

建築中の新居で標準採用しているのがお風呂からキッチンまでLIXILのものとのことで、
渡された冊子を手に自転車走らせ箕面へ。

写真で見て「これかな~」と思っていたものがあったのですが、
実際の色合いや雰囲気を見てみるとやっぱり少し意見が変わりました。

そして、実際のものを見て発生したのがお風呂の問題。

1-0_1F.jpg

1階にあるお風呂。

1313サイズです。

そしてうちのダンナの身長は177cm。

ショールームで試してみたら、ほぼ体育座り。
(写真撮ったのに消えてしまった

さすがに一生住むかもしれない家で、仕事から疲れて帰ってきた後のお風呂が
体育座りなんてな~~~ (私は158cmなのでなんとか足が伸ばせる。)

・・・と不憫になり、ダメもとでお願いしてみました。


「洗面所狭くなってもいいのでお風呂を広くしてください~~~

もう日程上構造の変更を伴う変更希望は無理ですと聞いていたのでホントに祈るような
気持ちで電話しました。


そしたらなんとそんな私のわがままを聞き入れていただき、ご提案いただいた間取りがこちら。

1-3-1F.jpg

トイレと洗面所の壁をなくしたアメリカンスタイル。
その分お風呂が1616サイズになりました。

これなら元の洗面所より広いし、棚を設置するスペースもできる!と
歓喜と感動にわいていた私の横で、丸見えトイレに考え込むダンナ。

「トイレと洗面の間につい立も付けるし、こんなの慣れよ。」

「洗面所の扉に鍵つけるんだからいいじゃん!」

と必至に説得する私。

「でも匂いはどうするの?」ともっともなダンナの疑問。

「消臭するし、窓もついてるし、家族なんだから別にいいじゃん!」

「お客さんには3F使ってもらえばいいんだし。」

と、しばし攻防が続き、めでたくトイレ洗面所一体化案決定となりました。
(てか、この会話ふつう男女逆かしら


営業Tさん、この変更は日程上急を要したため次の日の夜には書き直された
設計図をわざわざ我が家まで届けてくれました。(私たちのサインが必要でした。)

もうその設計図を見たときの感動ったら

洗面所が狭くなるのを覚悟していたのに、まさかこんな形で広くて使いやすい洗面所が
実現するなんて

お風呂も広い!

将来もし子供ができても家族全員で入れる


そのお風呂のイメージはこんな感じ♪
1-bathroom.jpg
(LIXILのHPで作成したイメージ画像、お借りしました。)

新しいおうちでのバスタイムが楽しみです



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

ちなみにキッチンの扉は白にしました。

20130627_1.jpg

第一希望はこのホワイトグレイン。
取っ手のところが曲線になっていて美しい♪

でも商品ラインが違うっぽい

なので、たぶんこっち↓になりそうな感じ・・・

20130627_2.jpg




ご訪問ありがとうございます。
お帰りの際にポチッと応援クリックいただけると
嬉しいですヽ(〃´∀`〃)ノ
にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ