こんにちは

大阪・北摂の整理収納アドバイザー ichigoです。



気づけばもう6月。


20200601_1_北欧暮らしの道具店カレンダー6月



カレンダーを入れ替えて気分一新です。


さて、今日はこの端っこに写ってる
ウンベラータの話


GWに弱っていたウンベラータの茎を切り取って
なんとかうまく世代交代してくれることを
祈りながら、水挿しで育てていました。


それが2本ともしっかり根が出てきて、
新しい葉もどんどん開いて元気に育ってます。


20200601_2_メネデール



いつもすぐに枯らしてしまう私でも
育てられたのはタフなウンベラータと
メネデールのおかげ





ネーミングそのまんま!



20200601_3_ウンベラータの水差し根っこ


水挿しにしてから3週間、
根っこはこんな感じになりました。


結構ボーボー


ところが、鉢植えにしてもらおうと
植木屋さんに持ち込んだところ、
「まだ、もうちょっと」と言われました。


今はまだ根が出ている部分が偏っていて、
もっと全体的にボーボーになってからの方が
いいそうです。


そして植え替えは梅雨時がおススメとのこと。


ということで、あと1~2週間ぐらい?
待つことになりました。


梅雨っていつも憂鬱だけど、
今年はちょっと楽しみ^^



ちなみに水挿しは本当に簡単でしたよ。


《水挿しの手順》

① 新芽が出る先の部分(20~30㎝ほど)の幹を
  斜めに切る。
  (葉を残す場合は、上の方1~2枚程度にする。)

② 切り口についた白い樹液を水で流す。
 (樹液が残っていると水を吸わないため。)

③ 明るい場所(直射日光はNG)に置いて、
  毎日水を替える。


たったこれだけ!

※水を替える時に少しだけメネデールを入れました。
 水だけでもOKです。



梅雨が終わるまでまだ1ヶ月以上あるので
今から始めても間に合います


梅雨を過ぎても、8月ぐらいまでなら
植え替えに適した時期だそうです。
(寒い地域は7月ごろまで)



20200601_4_ソファからみたキッチン_ウンベラータが無くなった



ウンベラータに自信をもらって
現在はベンガルゴムの木も育ててます。






20200601_5_ゴムの木の成長



新しいかわいい葉が出てくるのを見るのが
この時期の楽しみ



▽ウンベラータはこちらを買って
私より背が高くなるまで育って、
2、3度切り戻しても元気でした♪




▽切り取る前の3月頃。天井つきそう

instagram:@pokapokaichigo



では



最後まで読んでいただきありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。
お手数ですがこちらのバナー↓に
応援クリックいただけると嬉しいです(*Ü*)thanks♪
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

▽このブログの更新通知が届きます♪


▼Instagramもよろしくお願いします♪
instagram_banner

▼我が家のお気に入りを集めました☺
ichigo's room

▼我が家のラク家事アイテムbest10
mybest banner