1日目、ものすごく歩いてものすごく疲れていたのに結局ほとんど眠れず・・・

今回の旅行のメインといっても過言ではない2日目は6時に起きて、早々に朝ごはんを
済ませて松浦鉄道で有田まで逆戻り。

目指した目的地はこちら。

20130504_1.jpg

意気込みすぎました

有田駅近くから波佐見陶器祭の本会場まで無料シャトルバスが運行しているのですが、
朝早すぎてまだバスの時間は程遠く・・・
しかたなくタクシーで直接白山陶器本社に乗り付けました

開店時間まで30分ほど待っている間、外からショールームの中をのぞき見ながら、
あれやこれやと目星をつけて。

ホントは本社で買うのは2、3品の予定だったんですが、倍ぐらいに買ってしまいました
(本社では正規品を3割引きで売っていて、陶器祭の会場ではB級品を5割引きで売っています。)

そして20分ほど歩いて陶器祭会場へ戻り・・・

20130504_2.jpg

そこでもまた白山陶器の売り場へ。

こちらは5割引きとあって人で溢れかえっていました。
だからかな?白山陶器のお店は陶器祭のゲートの外にありました。

5割引きマジックにかかり、急須まで買ってしまいました

旅行が決定してからあまり日数がなかったため調べきれていませんでしたが、それでも
いくつか目星をつけたお店を回って数点購入。

20130504_4.jpg

natural69で蕎麦猪口とダンナ用の大きなマグ。
マイユーでカトラリーレスト。(醤油皿としても使えます。)

こっちでも売っているだろうと本社会場では買わずにいたものが売り切れていたので
そこからまた白山陶器本社へ戻り、結局この日白山陶器でこんなに買っちゃいました

20130504_3.jpg

正規品・B級品合わせて15品
旅行から戻ってから届いたものを並べて、ちょっと調子に乗りすぎたかな・・・と反省。
でもほしかったの


大満足の2日目はこれで終わらず、九州陶器市はしご旅最終目的地、唐津へ。
(有田と唐津は陶器市が開催されているGW期間中、シャトルバスが出ています。)


泊まった宿は料理旅館 水野さん
2日目はちょっと豪勢に料理旅館を予約しました。
(てか、GW前日でかたっぱしから電話して空いてたところがここだったんだけど。)

部屋に通されてすぐにお抹茶をいただいて、ほっこり
とても上品で落ち着いた旅館です。

20130504_5.jpg

夕食は玄界灘の海の幸が渋い唐津焼に盛られてでてきました。
イカもサザエもアワビもとても新鮮でコリコリしました。
イカなんてお皿の上でまだ動いてたし

唐津の陶器市はというと、有田とは違って落ち着いた感じでした。
歴史のある大人の街って感じで、街のいたるところに風情がありました。

(この日もほとんど眠れず、3日目へ続く。。。)


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 

ところで最近行った陶器市でダンナが自分用に買ったもの。

20130504_6.jpg

鳥ばっか
(以前に買った白鷺の中鉢、三河内焼で有田のお隣の駅でした。)

普段は落ち着いてるのに、鳥を見ると興奮する鳥好きのダンナ。

この日も「めっちゃかっこよく飛んでる!」ってカメラで追いかけていました。





最後までおつきあいいただき、ありがとうございます。
応援のクリックをいただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ